日々の生活から浮かぶ小言/雑感/記録がメイン。ときどき趣味的なことをボヤきます。webデザインとかコンピュータとかデジタル機器とか…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の奏鳴曲

お久しぶりです。880ですよ。


 


近頃はぽっかり時間が空いたので、今更ながら冬ソナってます。しかも初です。


流石に20話連続視聴はできませんってか、やる気すら起きませんが、見ていると先が気になって気になってしかたがありません。

今夜は眠気と闘いつつも、なんとか4話まで見てました。


冬ソナ、見ていると思わず突っ込みたくなる事が多少にあります。

有り得ない展開、そして有り得ない間。


カンフー・ハッスルCMの「ありえねー!」を越えるほど有り得ないです。


所々の話の展開ではあからさまな伏線もありつつ、もの凄い唐突な事もありつつで、場面場面でのセリフの間が狙ったかのように長すぎで。…ま、狙ってるはずなんでしょうけど。


やはり、世の目も当てられないおば様がたは、この有り得なさ具合に毒されてしまったのでしょうか。

今見た中で、4話にヒロインであるユジン(チェ・ジウ)がちょこっと暴走気味になるシーンがあったんですよ。で、そのときのチェ・ジウの目の見開き具合が、世の日本が誇る恥以外の何でも無いおば様がたを彷彿として、少し悪寒がしました。あくまで俺の主観ですけど。あ、でも、チェ・ジウは割と好きです。そこだけは割と強調しておきます。


 


 


…と、なんだかんだ言っていますが、見る分には面白いんですけどね。

そんな感じで、今後しばらくは冬ソナ視聴が日課になりそうです。




あっ。そうだ。

もっと日記らしくしよう。


学校での授業・研究はすべて終了しているのですが、今日も学校へ行ってきました。

共同研究の仕上げと、成績証明書の受け取りの用事でした。


学位を得るために成績証明書が必要なんですが、ついでにそれとは別に自分用の成績表も貰ってきました。

成績はというと…、まあ悪くは無い程度でした。

なので自分的にはちょっと満足していないのですが、そのとき一緒にいた生臭い人は相当良くないみたいなことを言っていたので、まあ、相対的には良いかな、と自分の成績を正当化してみたりしていました。終わった事だからどうでも良いことなんですけども。

ほかの同期のみなさんはどうでしょうかね?


で。

それと、2年半ほど前からの機械科との共同研究でなかば俺1人ワンマン作業で後輩と一緒にやってたんですけど、ようやく今年度ぶんのきちんとしたモノが出来上がりました。

実は、最後の最後で後輩君が、故意にではないにしろ俺の足を引っ張るような行為をしでかしてくれたんですよ。おかげで、ちょっと完成が危うい雰囲気が満ち満ちていたんですけど、ともすれば神業とも言えるような俺の働きによって、完成へと漕ぎ着けました。


説明が難しいんですけど、プリント基板上の0.1ミリほどの細い配線の被覆をやすりで剥がしつつ、そこに芯直径1ミリ近くの導線をはんだ付けしないといけない状況になってしまっていたんです。

で、こうなると、細いプリント配線上の被覆を剥がすのも難しいし、ましてその幅に粘性のあるはんだが乗るかどうかも怪しいし、その上はんだ付けできたところで誤った力をかけると配線ごと基板から剥がしてしまうといったことが懸念されます。


が…なんとかそれをクリアし、はんだ付け完了後は把持した手を動かさず、速攻、樹脂で固めて完了しました。

その後の動作チェックは完璧でした。


が、折角作ったハードはまだしも、ソフトウェアのほうは発表・公開する場が無いかもしれません。

というのも、発表者が機械科である以上、プログラムに関する深い追求・詳細の発表をしないみたいなんです。


完成して嬉しい反面、なんとなくやる気が削がれる気がしました。

これだから丸投げしてる人たちは嫌いです。といった暗い感じで今日は〆!!


 


 




それでは、明日(今日?)は追いコンです。大いに追い出されたいと思います。


 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。