日々の生活から浮かぶ小言/雑感/記録がメイン。ときどき趣味的なことをボヤきます。webデザインとかコンピュータとかデジタル機器とか…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
702NKII: [追記]音楽ファイルとか着信音とか
前投稿に少しだけ追記。

702NKIIでOggを主体に使用する理由は、音質/ファイルサイズの効率性のほかに、文字化け防止の意味もある。MP3では文字エンコードなどにより MPlayer はもとより OggPlay でも文字化けが発生したが、Oggを利用すると文字化けは一切発生しなかった(OggPlayでは)。
また、 OggPlay でのミュージックファイルの検出(メニューの「Find new files」)に要する時間がMP3に比べて圧倒的に短縮されるため、ストレスなく使用することが出来そう。

それから、PCでのOggファイルの作成として示している Foobar2000 での例で”クオリティ=1.5”と表記しているが、これは Foobar2000 での表記であり一般的なOgg作成ソフトでは1ケタ小さな値となる場合がある。つまりこの例の場合では q=0.15 。
このときの平均ビットレートとして示している”ステレオソースで70~80kbps前後”というのは、Ogg作成時に「チャネルカップリング: Channel coupling」オプションを有効にした場合である。Foobar2000 では常に有効の模様。
チャネルカップリングではステレオの左右の音声のうち重複する部分をまとめているからビットレートが低くても音質を維持できるみたい。想像で記しているので正しくないと思いますがたぶんこんな感じ。

クオリティですが、もっと低くしても大丈夫。 q=0 は少し下げすぎかも知れないが、最終的には自分の耳で判断。妥協すれば q=0 でも十分。メモリーカード容量を取るか、携帯での高音質再生を取るか。もっとも、付属のヘッドフォンや内蔵スピーカーで聴くのであればさらに低くして良さそう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。