日々の生活から浮かぶ小言/雑感/記録がメイン。ときどき趣味的なことをボヤきます。webデザインとかコンピュータとかデジタル機器とか…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔を顧みてみた

伏見の地酒「桃の滴」どうもです。
今日は今夜は久しぶりに晩酌なんかしてみている880ですよ。
今飲んでいるのは以前から先輩にお勧めされていた京都伏見の地酒なんですが、その先輩が週末に大阪らへんへ行くというのでついでに買ってきてもらいました。
グラスさえもよく冷やしてから風呂上りに愉しんでみたわけですが。なんというか、飲みやすい口当たりで、それでいて深みのある風味豊かなお酒でした。主観ですけど。

さて、本題に入りますよ。と言ってもあんまり深い話ではないですが。

このサイトも始めてから2年が経ち、その内容も色々と変化しているわけです。特に昔の日記なんかはその雰囲気や文体さえ今と全く違っていたりします。
1年半くらい前までは、今のような”です・ます”調ではなく”だ・である”調だったり、内容もそのときの俺のポリシーであった”生活の記録”的なものでした。それから文章での表現のしかたも色々と詩的なものがあったりしてて。なので自然と、その内容もなかなか濃い感じになっていたわけですよ。
しかし、いつからかここに書く内容というのが薄くなり今に至っては結構掻い摘んだ感じの内容になっていて、その表現もかなり陳腐で捻りの無いものになってしまっています。まあ、前者は自分的そう思うだけかも知れないけど。後者は…、自分の脳が低機能化したとしか。。

で、その要因は色々あると思うんです。
たとえばこのサイトが先生や親やその他親類に見られている(可能性がある)こととか。というかこれが自分の中では一番大きいよ。リアルの人でも気心が知れている友達とかは全然構わないんだけど、身内はなんか…ねぇ?
このために、出来事の記録やその表現法をためらいがちになり、それが習慣化して簡単化されたものしか書けなくなってしまったのだろう、と。

本当は色々と書きたいこともある。色々と。

ここはもう開き直ってしまうべきかどうか。

 

あ、それと。
昔の日記を見ていると、沸々とサイトを弄り倒したい衝動が込み上げてきました。
なので早速、その準備を少しずつ始めてみました。
でもヒマがあんまり無いんだよなぁ。特に今週は。

まあいいや、取り敢えず酒でも飲んで寝よう。
それでは。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。